校長あいさつ

 

時代を生き抜く力を

 

皆さんは、この令和の激動の時代をどう感じているでしょうか?

私は、物事に対する価値観や考え方などの多様化が進み、その変化が速く、人としての基本的な姿勢や考え方が置き去りにされ、大切にすべきものが薄らいでいるように感じます。

そのような時代において、もっとも大切にすべきものは、「人と人とのつながり」や「信頼関係」であるように思えてなりません。

本校は、新しい教育システムへの取り組み、國學院大學との教育連携強化、ICTの推進など教育力・競争力の強化を図るべく様々な活動に取り組んできました。またこれからも、生徒が興味を持てるような新しい授業展開など、教育を進化させていきます。しかし、このような教育活動の基本は、生徒とのコミュニケーションを大切にし、生徒と教師が影響し合いながら前進していくことにあります。これが学園理念の「響生」です。ここに信頼関係を軸とした教育が展開されているのです。

本校は、夢を持った生徒でもこれから夢を探したい生徒でも様々な可能性を広げられるようにコース設定をしています。自分を探しながら、持った夢を全力で追いかけられる学校です。しかし時には、悩んだり、くじけそうになったりと困難なことも多くあろうと思います。そんな時も我々は、皆さんとのつながりや信頼関係を大切にし、それを乗り越える力を身に着けられるようサポートします。こうした3年間を過ごすことで、自分の中の幹となる考え方を作っていただき、激動の時代を逞しく生きぬく力を身に着けてほしいと願うのです。

 

                                                                                                                      校長   山浦 秀一

 
PAGE TOP