今年で創立95を迎えた本校は、創立100周年に向けて行った「本庄第一教育宣言」の三つの柱をベースとして学校改革に取り組んできました。令和元年度には、コース改編を軸とした新しい教育システムをスタートさせた他、國學院大學と包括的連携に関する基本協定を締結し、教育力・競争力の強化を図るべく様々な活動に取り組んでいます。今後は法人間での教育連携事業を推進しながら、本校が長年培ってきた教育を発展させていきたいと考えます。

 本校の学園理念は「響生」です。「お互いに影響し合いながら前進していく」ことを意味します。私たち教職員は、学園理念「響生」のもと、学習・部活動・学校行事等を通じて学力・人間力の向上を図ると共に、社会で活躍するための力を培い、周りと響きあいながら逞しく生きていく人間の育成に努めていきます。

 

 

 



【本庄第一 教育宣言】

「響きあう教育」
 学園理念「響生」は心を育てる。影響を受け、影響を与え、柔軟さと豊かさを育む理念は変わらない。豊かな人間関係は生徒・教職員のみならず、地域の人々とも築いてゆく。

「躍進しつづける教育」
 本学園は、現状に満足することなく研鑚に努める。また、最新の教育環境を整備、導入し生徒自らが積極的に学ぶ意志を育てる。

「あきらめない教育」
 人間の成長は一朝一夕、順調に進むことはない。生徒・教職員は共に学ぶ心を持ち、生徒の目標達成のために共に歩みつづける。本校での教育の目的は、それぞれのコース、部活動など手法は違っても、最終的には人間形成にあります。

全ての教育活動に、この三つの宣言を強く意識して教職員一同取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                                                                                              

校長  山城 寿男

 
PAGE TOP