今年で創立94年を迎えた本校は、創立100周年に向けて平成27年に行った「本庄第一教育宣言」の三つの柱をベースとして学校改革に日々取り組んでまいりました。それに伴い、従来のコース制とは異なる類型クラス制を軸とした新教育システムが令和元年の入学生よりスタートいたしました。

 私たち教職員一同は学園理念「響生」(お互い影響を受け、影響を与え、響きあいながら前進する)のもと、学力の向上と真の文武両道の実現に向けて一生懸命取り組んでまいります。そして学習・部活動・学校行事等を通じて社会で活躍するための力を培い、自己を確立して様々な考えを柔軟に受け止めるとともに、周りと協力しながら逞しく生きていく人間の育成に繋げていきたいと考えています。

 

 



【本庄第一 教育宣言】

「響きあう教育」
 学園理念「響生」は心を育てる。影響を受け、影響を与え、柔軟さと豊かさを育む理念は変わらない。豊かな人間関係は生徒・教職員のみならず、地域の人々とも築いてゆく。

「躍進しつづける教育」
 本学園は、現状に満足することなく研鑚に努める。また、最新の教育環境を整備、導入し生徒自らが積極的に学ぶ意志を育てる。

「あきらめない教育」
 人間の成長は一朝一夕、順調に進むことはない。生徒・教職員は共に学ぶ心を持ち、生徒の目標達成のために共に歩みつづける。本校での教育の目的は、それぞれのコース、部活動など手法は違っても、最終的には人間形成にあります。

全ての教育活動に、この三つの宣言を強く意識して教職員一同取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                                                                                              

校長  山城 寿男

 
PAGE TOP