生徒と教師が同じ意識を持ちながら響きあうことのできる学校です

 

校長あいさつ

平成27年に創立90周年の節目を迎えた学校法人塩原学園本庄第一高等学校の併設校として、平成28年4月に本庄第一中学校を開校いたしました。
時代は今、大きな変革期にあります。さらなる少子化や都市化の進展、教育現場におけるいじめ問題、地域とのコミュニケーション不足が指摘されている昨今、主体的に行動できる創造力と先見性に優れた人材の育成が、今まで以上に強く求められていると感じております。
そのため、学園理念「響生」のもとに、さらに教育活動を深化・発展させることの必要性を感じ、徹底した基礎学力指導とその定着を図る中学校の設立に至りました。
本庄第一中学校は、「高い学力の養成」「人間力の育成」「希望進路の実現」を教育目標に掲げ、何事においても的確な判断力を持ち、適切に行動できる日本の将来を担う人間の育成を行う学校にしたいと考えております。

校長   相川 浩一
 

学園理念


影響を受け、
影響を与え、
柔軟さと豊かさを育む。


本校の生徒と教師・職員は目的達成のため、
お互いに響きあい、前進し、活力ある学園を築きます。

 

教育内容

幅広い知識、教養、豊かな人間性を育みます

最大の特徴は、高校の学習内容を先取りした授業は行わず、中学校の3ヶ年は、中学校課程の学習に専念します。
その他にも、特色のあるカリキュラムや学校行事等により、豊かな情操、豊かな感性の育成を行います。
本庄第一中学校は、的確に判断し、適切に行動できる日本の将来を担う人間の育成に全力を注ぎます。

■本庄第一中学校の三大特徴


 

教育目標

本校の最大の特徴は、高校の学習内容を先取りせず、中学校学習内容のパーフェクト習得に努めることです。中学校の3年間は、教科書を中心に徹底した反復学習を行い、基礎力を確実に身に付けていきます。公立中学校よりも豊富に学習時間を用意し実力アップを図ります。さらに3年次の2学期途中からは入試演習授業(現在籍生が対象)を実施し、進路実現を目指します。また、部活動へ参加、安全対策などにも力を注ぎ、安全かつ充実した学校生活を送ることができます。



画像をクリックすると大きな画面が表示されます

 

本校の教育テーマ ~7つの「もちろん」と3つの「しっかり」

7つの「もちろん」


.教科書中心主義です
現在、私立中学校の多くは、1・2年次の2年間で3ヶ年分を終了させ、3年次から高校の教科書を使って高校過程に入ります。しかし、本校は、中学校3ケ年は文部科学省の検定教科書と教科書に沿った問題集を中心に、時間をたっぷりかけて中学課程の学習に専念します。さらに基礎の反復をすることで中学校学習内容のパーフェクト習得に努めます。
.授業時間たっぷりです
週に2回7時限まで授業を行うとともに、さらに隔週で土曜日に授業を実施します。そのため、公立中学校よりも豊富な授業時間を用意することが可能となり、きめ細かな学習を行っていきます。「急ぎ過ぎず、ゆっくり過ぎず」、学力の徹底定着と深化を図ります。
.高校入試対策を行います
中学校学習内容のパーフェクト習得を土台に、3年次の2学期途中から授業のすべてを「高校入試問題演習授業」に切り替え、入試対策に取り組みます。また、授業時間はもちろん、放課後の個別指導などを通じて、難関高校に合格できる力を養います。
  

画像をクリックすると大きな画面が表示されます
.内部進学できます
生徒本人の希望と学力状況に応じて「内部進学規定」に基づき、併設する本庄第一高校に進学することができます。また、外部受験することが可能です。進路を自由に選択できるのも本校の特徴です。
.英検全員受験です
グローバル化に伴い「英語を使う力」の強化が求められています。本校では、全員が在学中に英検3級を取得することを目標とし、準2級取得にも努めます。また、英語担当教員が中心に英検指導を行い、担任もサポートし丁寧な指導を行います。
.部活動に積極的に参加できます
部活動を通じて心身を鍛え、社会性や人間性を身に付けます。高校生と合同で活動できる部活動もあり、より高いレベルの練習をすることが可能です。
.安全対策はバッチリです
生徒の登下校時にメール配信するシステムを導入し、保護者の方に生徒の登下校状況をお知らせします。さらに学校からの緊急時の連絡なども一斉にメールで配信します。また、不審者などの対策として、校内に防犯カメラを設置するなど、安全には万全を期します。

▼関連ページへ

3つの「しっかり」

あいさつ
礼儀作法、身だしなみの指導をしっかり行います。
学習
ラーニングやコンピュータ学習機器を使った学習もしっかり行います。
健康
身体づくり・心づくりをしっかり行います。

 
PAGE TOP